who's in

《silvering (parallel water)》「散光/サーキュレーション」展示風景 2018年 滋賀県立近代美術館主催
撮影:Hyogo Mugyuda

《silvering (eclipse)》「Story teller 物語を紡ぐ」展示風景 2019年 アキバタマビ21(東京)
撮影:Ryosuke Nakagawa(Uber)

「in the nursery 逸話ではないもの」展示風景 2018年 ギャラリー崇仁(京都)
撮影:Hikari Okawara

Studio 1

河野愛 Ai Kawano

1980年滋賀県生まれ。2007年京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。イギリスRoyal College of Art交換留学。
2017年まで10年間広告代理店でアートディレクターとして勤務。TVCMやグラフィック、地方創生のデザインの仕事をしながら美術作家として活動。京都芸術大学(旧 京都造形芸術大学)美術工芸学科染織テキスタイルコース専任講師。染織やテキスタイルを制作におけるルーツとし、陶やガラス、樹脂、収集した骨董などを複合的に用い、ものや場所、人の記憶や時間の再生装置としての作品、インスタレーションを発表。
近年の主な展覧会に「story teller 物語を紡ぐ」アキバタマビ21(2019)、「散光/サーキュレーション」シガアートスポットプロジェクトvol.1/滋賀県立近代美術館主催、個展「in the nursery 逸話ではないもの」ギャラリー崇仁(2018)など。2018年度平和堂財団芸術奨励賞受賞。
https://aikawano-works.tumblr.com




for ARTISTS and CREATORS for ARTISTS and CREATORS